Training centers networks
for continuing professional development of library and information workers
ライブラリと情報労働者の継続する専門能力開発のために

fellowships   network teaching programme   summer school   local language support programme


From the five years between 1997 and 2001 we ran a course for LIS professionals as part of the Summer School Program, offered by the Central European University (CEU) in Budapest.
1997年と2001年の間の5年から、私たちはLIS専門家のためにブダペストでセントラルのヨーロッパの大学(CEU)によって提供された、Summer学校Programの一部としてコースに続きました。

The course was open to all LIS professionals across the regions, but was especially suitable for those working as teachers and trainers, and certainly for those associated with the Training Center Network. Each year around 200 applications were received for the 28 places on offer.
コースは、その領域中のすべてのLIS専門家にとって開きましたが、教師とトレーナーとして働いているもの、および確かにTrainingセンターNetworkに関連づけられたものに特に適当でした。 毎年、申し出のときに約200のアプリケーションを28の場所に受け取りました。

For the first three years, the course ran with the title "Libraries and the Internet", progressing steadily each year from technical explanations and solutions towards a curriculum based on information resources. This movement reflected the increasing introduction of Internet services to the regions, and the subsequent need to address issues of information organisation, identification and evaluation, rather than aspects such as connection and the use of email.
最初の3年間、コースは「図書館とインターネット」をタイトルと共に走らせました、毎年技術的説明と解答から情報リソースに基づくカリキュラムに向かって着々と進行して。 この動きはその領域へのインターネットのサービスの増加する紹介、および接続や使用などの局面よりむしろメールの情報機構の問題、識別、および評価を記述するその後の必要性を反映しました。

The timeframe of the courses paralleled regional initiatives on the creation of national bibliographies, the acceptance of international standards for information interchange, and the introduction of library automation systems. At this time, libraries throughout the regions were also striving towards open access and reader-orientated services.
コースの時間枠は、国語別書目の創造、情報交換のための国際規格の承認、およびライブラリ自動化システムの導入のときに地方のイニシアチブに沿いました。 また、このとき、その領域中のライブラリは、開架と読者によって指向されたサービスを求めて努力していました。

In 2000 the course was re-designed and renamed "Digital Literacy for Open Societies". The new course emphasised the connection between information communication, contextual frameworks, and the formation and strengthening of open societies.
2000年に、コースは、「開放社会のためのデジタル読み書き能力」に再設計されて、改名されました。 新しいコースは開放社会の情報コミュニケーションと、文脈上の枠組みと、構成と強くなるとの関係を強調しました。

This concept is rooted in Popper's thought on sources of knowledge, and on critical evaluation and analysis. It has come to prominence with the growth of networked, digital information. Promotion of digital literacy is a significant factor in the fostering of open societies. The role of librarians and information specialists in teaching digital literacy is a relatively new topic for the LIS discipline, but it is receiving great interest, in terms of both research and of curriculum development for formal education and for in-service training, worldwide. Our course was thus designed to help LIS educators and trainers throughout the region to reflect on the concept and its significance, and to develop curricula, teaching materials and approaches.
この概念は知識の源、厳しい批評、および分析に関するPopperの考えに根づきます。 それはネットワークでつながれて、デジタルの情報の成長と共に著名になりました。 デジタル読み書き能力の販売促進は開放社会を育てるのに関する特筆すべき要因です。 教育のデジタル読み書き能力における司書と情報専門家の役割はLIS規律のための比較的新しい話題ですが、すごい関心はそれに寄せられています、研究と形式的教育と実地訓練のための教育体系開発の両方に関して、世界中です。 私たちのコースは、その領域中のLIS教育者とトレーナーが概念とその意味をよく考えて、カリキュラム、教材、およびアプローチを開発するのを助けるようにこのようにして設計されました。

For 2001, the Digital Literacy course was re-modelled as a part distance learning pilot project, which offered an initial distance learning phase, one week of face-to-face teaching in Budapest, and a main distance learning phase over a three month period. A description of the latest course can be seen here.
2001において、Digital Literacyコースは部分遠隔学習パイロットプロジェクトとして改造されました。(それは、初期の距離学習フェーズ、ブダペストでの1週間の面と向かっている教育、および3カ月の期間にわたる主な遠隔学習フェーズを提供しました)。 ここで最新のコースの記述を見ることができます。

More information is given in the literature listed in the Papers section, but if you have any specific comments or questions please email lyn.
Papers部で記載された文学で詳しい情報を与えますが、何か特定のコメントや質問がありましたら、lynにメールしてください。



© copyright site map top of the page
ハウスクリーニングヤフカテ・モバイル婚活出会いカップルフォト認定結婚式場焙煎屋タオル卸センターSEO対策優良リンクEdgewood山梨TLO宇宙体験!宇宙記念館CarTalkエンゲージメントフォトClientServ CorporationKSAカップルフォトのカメラマン募集寄付・募金